【レーシックガイド】自分に見合ったレーシックの種類を把握


【レーシックガイド】自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:2017年01月29日


減量と呼吸って、
一見、何の関係もないように見えますが
意外とあなどれないんですよ!

当たり前のことですが、
人間が生きていくには酸素が必要です。
そして脂肪が燃える代謝を上げることにも、
酸素は必要不可欠なんです。

ちなみに、
おいらたち人間の呼吸の回数は、1分で平均18回といわれています。
1日に換算すると、実に26,000回にもなるんですね。

本当にちょっとしたことではありますが、
生きている限り呼吸をし続けるわけですから、
これを意識して変えるだけで、
減量効果の他にも、
美肌効果や健康面のいい効果が期待できるんですよね。

何かが燃える時は酸素が必要になります。
脂肪も同じように、燃えるには酸素が必要です。
ウォーキングなどの有酸素運動が
減量に効果的なのはそのような理由もあります。

つまり、
減量のために脂肪を燃やしたいなら
酸素をしっかりからだへ取り込むことが大事なんです。

みなさん、
普段の生活で、浅い呼吸になってはいませんか?

減量のためにも、
呼吸はできるだけしっかり、深くするようにしましょう!

それから
呼吸はなるべく鼻ですることが良いみたいです。

空気が鼻を通過することによって、
雑菌やホコリが除去されて
体温で温められ湿気が多くなります。

温かく、湿気の多い酸素の方が
肺は取り入れやすいといわれています。

また、くちで呼吸をしていると
もともとは閉じているべきくちの筋肉が、
常にゆるんだ状態になっていることになりますよね。

これは顔全体のたるみにもつながりますし、
逆にくちをしっかり閉じて鼻で呼吸することに慣れれば、
無意識のうちに顔を引き締めていることになりますよ!

減量のためにも、美容のためにも、
鼻から呼吸しましょうね!

おしまい!!!
医療レーザー脱毛
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101
医療レーザー脱毛

AWS パートナーはここへ
https://cloudpack.jp/
AWS パートナーの情報

神戸 賃貸はここへ
http://www.houseplanning.net/
神戸 賃貸の専門です

川口市 不動産、今すぐ
http://jin-home.com/
川口市 不動産の案内


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる