【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わる

レーシック手術をする場所の角膜に障害を持っている方というのも少なからずいることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。レーシックの種類によりましては、角膜の疾患があっても手術を受けることが出来るケースがあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックをすることの出来ない可能性のある人だったとしましても、まずはクリニックで相談をしてみるようにしましょう。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。

 

 

トリプトファンの紹介
http://www.suplinx.com/shop/e/etryptoph/
トリプトファンの情報



【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2017年06月10日

排便は習慣性を持つものである。

お母さんは午前中起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
娘はそうではない。

娘には午前中にウンチをすることを
お母さんが習慣づけてあげるからこそ、
午前中の排便ができるようになるのである。

お母さんが娘に午前中の排便を習慣づけないと、
娘は午前中の排便が難しくなる。

午前中の肉体は排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
肉体内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

肉体内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
娘の免疫力は低くなってしまう…

それで
娘はたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

娘が病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらず食べる事をさせていては、
娘はますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしている娘のウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘の娘に限って
娘らしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

オレは…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
娘が病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎午前中、
娘には排便を行わせ、
病気とは無縁の肉体にしてしまおう!


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる