【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2014年11月28日


ぐっどあふたぬーん♪

一昨日、デンマーク旅行に行っていたお土産を渡したいと
久しぶりに夜から友達と大阪で会ったんだけど、
何か雰囲気がとても変わっていて。

「痩せた?」って聞いたら「4KGくらいで、まだまだ〜」なんて
話していたけど、凄い表情が明るくなったなったって感じで。

いとこがガス主任技術者をとったのをきっかけに何か自分も初めてみようと
ペルヴィスダンスや柔軟をしてるんだって。

運動をすると、健康になるだけじゃなく、ストレス発散できたり、明るく
なれるのかな?

夜まで、前はパートに出ていて、凄く疲れてるとかよく
言っていたけど、子育てや家事や仕事って、主婦は疲れるもんね。

バランスパワーや玄米珈琲を試したりするけど、
やっぱり運動が一番かもしれないね。

晴れ時々曇りのち晴れとか天気を気にしなくて良いから、娘とアブドフィット
してるって言ってる人もいたし、みんなそれぞれストレス発散としても、
楽しんでいるのかも。

今日は寿司食べちゃおう♪って、ついつい食を楽しみに
しちゃいがちだけど、それなりにみんな健康に気を使っているのかも。


皆さんの周りでも、病気になっている人とかいませんか?

元気な人が病気になったりすると驚くけど、やはり運動は大切って
言うし、忙しいとついつい運動不足で、自分のことを後回しにして
しまいがちですが、体は基本ですもんね。

大切にしないと・・・。

とはいっても、やっぱり食べる楽しみも大切♪

食べたら、運動を心がけなくてはね〜。




ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる