【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2017年05月22日


みなさまは、
シェイプアップを始めてしばらくして、
順調に減っていた体重が
急に減らなくなった経験ありませんか?

これって、
シェイプアップの停滞期というものなんですよね。
シェイプアップをしている方なら、
必ず誰でも経験することだと思います。

その時に、
もう限界なのかなぁ〜と勝手に思い込んで
シェイプアップをやめてしまったり、
もうこれ以上は続けられないと、
シェイプアップをあきらめてしまったりしてはダメなんです。

せっかくこれまでがんばってきたのですから、
続けてシェイプアップを行なっていれば、
また必ず体重は減っていきます。

どうして停滞期という現象が起こるのかというと…

シェイプアップで食事の量が減ると、
今まで摂っていた量の栄養分が体の中に入ってこないため、
体は栄養をあまり使わないようにします。

それと同時に、
せっかく体の中に入ってきた栄養分は、
これまで以上に必死に蓄えようとします。

停滞期に体重が減らなくなったからといって、
今まで以上に必死になって、
シェイプアップを行なったりするのは危険!

停滞期は、
体が危険信号を発している状態でもあるからです。

停滞期の時は、
何も変えずにそれまで行なっていたシェイプアップを続けましょう!
今は停滞期なんだなぁ〜と
楽な気持ちで過ごすのがいいと思いますよ。

もし、2ヶ月程経過しても体重が再び減ってこなければ、
そこで一度シェイプアップを見直してみると良いでしょう。

順調期と停滞期を繰り返しながらシェイプアップしていくので、
停滞期に入ったときはあきらめずに続けてくださいね。


船橋 歯科の案内
http://www.your-dc.com/
船橋 歯科は当サイトへ

大岡山 賃貸
https://www.townhousing.co.jp/shop/ookayama/
大岡山 賃貸

北千住 賃貸ドットコム
https://www.townhousing.co.jp/shop/senju/
北千住 賃貸

低価格住宅、今すぐアクセス
http://www.aqura.co.jp/hiketu5/
低価格住宅のこと


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる