【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2014年10月17日


皆様こんばんわです^^

最近バイトが、夜が多くて、すっかり夜型人間です。

そのせいか・・・太った。

一週間ほど前友達に教えてもらったゼナドリンを
買おうか迷い中。

アブロケットやDHCのダイエットシェイクもやってる
らしいけどねー。

一番オススメらしい。

2kg痩せるまでにねーって、自慢げに話していたから、
たぶん本当に痩せたんだろうけど、その前にバイト生活から、
そろそろ正社員を探さなくてはいけないかなって思ってるんだよね。

相方にも言われたし。

でも、就職難だし、アマチュア無線技士とか何か勉強して、役立つ資格を
この機会にとった方が、就職しやすいかも…とか思ったりもする。

このまま、バイト先で正社員になるというのもありかも♪

私の周りでも、いわゆるニートは多いし、正社員で働いて
いても体調崩して辞めたって人もいるし。

なんか前向きになれないところがある。

次はノルウェー行くとか、年1〜2回は海外に行っていた友達も
最近では不景気なのか、そんな話聞かないし。

好きなシェフの気まぐれナントカ食べ、お散歩にたまには出かけ、
友達と成田で食事や飲み会。

私はこれで充分な気がするんだけどねー。

平凡が一番?

欲がないって言うのかもしれないけど・・・。

20時から仕事に出かけて、朝寝る。

ただ、この生活は…本当に太るから、これだけは何とかしないと(笑)

バイトを変わらないなら、生活も変わらないから、太らないようにする・・・。

ε-(ーдー)ハァ


――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。



ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる