【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2016年07月16日


こんにちわですー

最近ファンヒーターと一体化しつつあるんだけど、
お友達が岩盤ヨガを始めたので、
何か頑張ってみようかと考え中。

コンクリート破砕器作業主任者の勉強中の子どもに夜食を作ると、
ついつい一緒に食べちゃったりして…

1kgとか太らない子供に対して、太る一方。


踏み台昇降とかしてみたら、カタは
痛いし、ウォーキングを…と思ったけど晴れ時々曇りのち晴れとか
雨なら中止だし。

YOOUTHがオススメって教えてもらったので、
エアリーシェイプネオでも一緒にはじめてみようかしら。

昨日、娘と新宿へお買い物に行った時なんて、
ちょっと良い服があったので、試着してみたら…なぜかキツイ。

娘にも「また、太ったんじゃない?」って言われて…また!とか
言われるし。

ε-(ーдー)ハァ

若いつもりでいても、肌は気になるし、玄米珈琲
でも飲もうかしら。


トマト寒天とかで我慢ができれば良いけど、
食べながら塩トンコツラーメンが食べたいとか思っちゃうし、
それもまたストレス!?

14時からジムに行っている人もいるし、何か体を
動かしている人って、やはり若々しくて良いわよね。

自分の気持ち次第で変わらないと、変われないのかもって
つくづく思ったりもします。

でも、マッタリしようとお昼寝なんてしていたら、本当に
オヤツ付で大きくなるばかり。

若さには勝てなくても、健康維持は大切なことですよね。

本当にすぐ大きくなるんだから…年っていやねなんて、
話しつつ、ケーキ食べてたら、意味ないわよね(笑)




ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる