【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2016年07月13日


減量をするなら、
食べる事について注意を払うことが必要になってきます。

まず減量の基本として、
脂肪分と糖質を、
いかに食べないようにするかがカギになります。

脂肪分については、
摂取したものが体脂肪という形で貯蔵されていきますから、
減量中は控えるべきなんですよね。

揚げ物などの料理を
減量中は、あまり食べてはいけないということは、
なんとなくイメージすることができるでしょう。

でもね、
糖質も、あまりに大量に食べてしまうと
体脂肪に変化をしまうんですよ!

身体の中に糖質が取り込まれると、
インスリンというホルモンが体内に吸収しようとします。

インスリンは、糖質を体内に吸収するときに、
体脂肪という形に、糖質を一度合成し直してしまうんですよね。

かつて、
低インスリン減量というのが、
注目されたことがあります。

低インスリン減量は、
インスリンの特質をヒントに考案された減量なのです。

糖質と聞くと、「甘いもの」というイメージを
持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、チーズケーキやおやつなんかは、
糖質を多く含んでいます。

しかし糖質は、おやつや甘いものだけではなく、
炭水化物にも多く含まれているんですよ!

炭水化物というと、
ライスやパンといった、
あたくしたちの主食に多く含まれています。
ですから、なかなか量を減らすのは難しいかもしれません。

減量中は、
ライスやパンの代わりに
野菜をたくさん食べるなどして、
空腹を他の食材でごまかすという方法を探ってみましょう。



ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる