【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

 

注文住宅の案内
http://www.aqura.co.jp/usersvoice/
注文住宅へ



【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシックブログ:2017年11月15日

ダイエットをする場合、
確実に必要となるのが食事制限。

それは、
食事制限によって
摂取カロリーを抑える必要があるからです。

しかしダイエットを行う多くの人は、
食事制限を正しく理解していないようです。

食事制限とは
「食べない」ではなく
「食べる量を減らす」のが正しい考え方なんです。

間違った食事制限で一番多いのが、
食事回数を減らすことです。
これは一番やってはいけない
ダイエットのやり方です。

1日2食や1日1食など、
知識のない食事制限が行き着く先は
「ダイエット失敗」しかありません。

極端な食事制限でも、
確かに摂取カロリーを抑えることができるのですが、
同時に筋肉量も消費させてしまい…

筋肉量が少なくなれば基礎代謝が低下し、
脂肪を燃焼しにくい体質となってしまいます。

結果的に
体重は落ちても脂肪は落ちていない…

筋肉量が低下して体重が減っているので、
引き締まった体質にならないのです。

だから体重が減っても、
腹の脂肪はしっかりと残っているのです。

正しい食事制限とは
「食べる量をコントロールする」こと。

必要なカロリー量はしっかりと食べ、
それ以上はカロリーを摂らないようにすることです。

なので、
1日3食は絶対に食べるようにしましょう!

これはダイエットの基本であり
健康を保つためにも重要なことです。

そしてカロリー量は、
その3食分のカロリー量を調整することがポイントとなるのです。

そうすることで、
体質に必要なエネルギーを確保し、筋肉量を落とさず、
体脂肪が燃焼しやすい体質をつくっていくことができるのです。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる