【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

 

注文住宅の案内
http://www.aqura.co.jp/usersvoice/
注文住宅へ



【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシックブログ:2017年07月16日

現在いろいろなダイエット方法が
メディアなどで紹介されていますが、
どの方法も気になるのは
リバウンドではないでしょうか。

ダイエットを始めると
多少なりとも、経験するのがリバウンドです。

リバウンドとは
せっかく頑張ってダイエットして減少した体重が、
短期間で元に戻ってしまったり、
最悪以前よりも体重が増加してしまうことです。

リバウンドの怖いところは…
ダイエットとリバウンドを何度も繰り返していると、
どんどん太りやすく痩せにくい体質になってしまうという点です。

ダイエットを成功させる為には、
リバウンドを起こさないようにすること。
そして
リバウンドの少ない
ダイエット方法を選ぶことが大切になります。

ではどういった
ダイエット方法が理想的なのでしょうか?

理想的なダイエットは
筋肉を落とさず、体質に溜まった脂肪を除去する方法です。

自己流で安易にダイエットすると
脂肪よりも筋肉を減少させてしまい、
リバウンドを起こしすい状態になるので注意しましょう。

筋肉を落とさないで脂肪を落とす為には
日々繰り返し運動を行って、
基礎代謝をあげるようにします。

運動の種類は、激しい運動ではなく、
多少汗ばむ程度の軽めの運動が理想です!
無理のない有酸素運動などを
日々続けて行うようにしましょう。

あまり急激にカロリー制限するのは健康によくないので、
間食や夜食を控えるといった程度の
食事制限にとどめておきます。

リバウンド防止のポイントは、
基礎代謝の向上、骨量減少の防止、
そして摂取カロリーの正しい抑制です。

ダイエットとリバウンドの関係を理解し、
無理のないダイエットを行っていきましょう。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる