【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき


【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2014年05月16日


さつまいもって、
何となく太る印象の方が強かったんですが、
減量にはもってこいなんですよね!

昔から
さつまいもは食物繊維の塊なので、
便秘解消に効果的と言われてきました。

娘の頃には、
「さつまいもを食べるとオナラが出る」
なんて我慢した方も多いかもしれませんが…

食物繊維が多いというだけでも、
減量に向いている食材なんです。

それに、さつまいもって
実はそんなにカロリーが高くないんですよね。
ライスよりもカロリーが低いくらいなんです。

一般的なさつまいも減量の方法は、
1日三食の中の一食の主食を、
蒸かしたさつまいもにするというものです。

つまり、1日一食だけ、
ライスや食パンの代替食品として、
さつまいもを食べるということになります。

さつまいもの調理法は焼いても蒸してもいいのです。
でも、蒸した方が適度な水分を保てるので
減量には良いと思います。

また、皮も一緒に食べると
一層、減量効果が期待できますよ。

連日一人分だけさつまいもを蒸すのが面倒なら、
まとめて蒸して冷凍して、食べる時にレンジで温めてもいいですね。
それに、濡らしたペーパータオルを巻いて、
その上からラップで包んで、チンしても
蒸かしさつまいもを作ることができますよ。

どうしても間食が我慢できないという方は、
おかしの代わりに、蒸かしさつまいもを食べるのもオススメです。

おかしやチーズケーキよりは、
さつまいもの方が、断然低カロリーで食物繊維や栄養がとれます。
少量でも腹が満足しますので、食べ過ぎも防いでくれますよ!



ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる