【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました


【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2014年09月26日


濃いめの味の料理が好きだという人は、
減量の時には、食生活に気をつけるべきです。

なぜ濃いめの味付けが、
減量にとってはよくないかというと…

濃い料理を口にすると、
舌にちょっとした刺激を感じませんか?
この舌への刺激を解消しようとして、
何かで中和しようとするんです。

最も手っ取り早いのは、
ごはんを口に入れることなんですよね。

ごはんで先ほどの味をいったんリセットして、
また次の料理を食べるという習慣がありませんか?
このような食べ方をしていると、
どうしてもごはんを多めに食べてしまいます。

ごはんは炭水化物の塊です。
もちろん、炭水化物は我々にとっては必要な栄養源です。
全部カットする必要はありません。

しかし、
炭水化物の摂りすぎは減量にとってはよくないのです。
炭水化物を摂りすぎると、
余分なものは脂肪という形で貯蔵されてしまうからです。

ですから、
炭水化物はあまり摂りすぎないようにするのが、
減量にとってはベスト!
ということは、
ごはんを口に運びやすくする
濃いめの料理はNGというわけです。

よく濃い料理をよく食べると、
塩分が多いからからだにもよくないといいますね?
確かに濃い料理には、塩分が高めのものが多いですよね。

さらに、もう一つの落とし穴が…
それは、糖分も多いということです。

濃い料理をイメージしてみると、
いわゆる「甘辛い」料理というのが多いような気がしませんか?

甘辛い料理というと、
醤油と砂糖がふんだんに使われている料理ですよね。

砂糖は、減量をしている人にとっては、
一種の天敵とも言える食材。
この天敵を知らず知らずのうちに、
口にしてしまっているわけです。

さあご飯食べよ〜っと。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる