【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。




【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2017年08月08日

おはようさんですー

最近、ダイエットをする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
ダイエットの見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

ぼくの周りにも、
「炭水化物抜きダイエット」をしている友人がいますが…
ぼくは、炭水化物を全く抜くダイエットというのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食べる事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食べる事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
午後間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な午後間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

ダイエットも大事ですけど、
肉体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

さあご飯食べよ~っと。
【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係
【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具
【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき
【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました
【レーシックガイド】レーシックを受けることの出来ない目の状況
【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシック
【レーシックガイド】最も気になるレーシックの治療費用
【レーシックガイド】自分に見合ったレーシックの種類を把握
【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネからの卒業レーシックガイド