【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき

【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき


【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。
妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。




【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2017年12月10日

いくら減量のためだからと言っても、
過度の体操や、過度のご飯制限は
老化を進めてしまうんですよ!

体操によって乳酸値が上がりますが、
この乳酸を作っているのが活性酸素で、
この活性酸素は老化の原因の1つとも言われています。

活性酸素は、肉体に無くてはならないものですが、
過剰に発生すると、
ガン、糖尿病、心筋梗塞などを引き起こす可能性が
高くなるんだそうです。

体操をしなければ乳酸も出ず、活性酸素も増えないのだから、
体操しなければ良いと思うかもしれませんが、
何もしなければ筋肉は衰えていくばかりです。

老人が骨折をして、しばらく寝たきりになると、
筋力が衰え、リハビリをしっかり行わないと、
そのまま寝たきりになってしまうというのが、
良い例だと思います。

筋力を20代の時のように保つ必要はありませんが、
基礎代謝を上げる為には、ある程度の体操は必要です。

ご飯制限だけのダイエットは、
筋肉を衰えさせることにもなり、
体重は減っても、老けこむ危険性があるのです。

減量とアンチエイジングのバランスを考え、
ご飯制限や体操は過度になり過ぎないようにし、
長期的な減量を心掛けましょう!

糖尿病、高脂血症などが原因で、
医師から減量を勧められている人は別ですが、
サイズダウンを目的とした減量をする場合は、
「健康的に」ということを一番に考えるべきです。

ご飯の内容は、
アンチエイジングを意識したカロリーの低いもの、
体操も適度に筋肉が付くくらい…と、
ご飯も体操も、過剰になり過ぎないことが大切です。

【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき

【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係
【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具
【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき
【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました
【レーシックガイド】レーシックを受けることの出来ない目の状況
【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシック
【レーシックガイド】最も気になるレーシックの治療費用
【レーシックガイド】自分に見合ったレーシックの種類を把握
【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネからの卒業レーシックガイド