【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具

【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具


【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具
レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。




【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具ブログ:2017年08月03日

ダイエットのために
肉体を動かしたり、
体操したりする習慣はとても大切ですが、
同時に体操した後の食べる事管理も
ダイエットには大切です。

体操で鍛えた筋肉を効率よくつけるためにも、
食べる事の質とタイミングを意識しましょう。

まず、体操前は
エネルギー源として使われる炭水化物からの
「グリコーゲン」が必要になります。

グリコーゲンが不足すると、
不足分のエネルギーを補うために
筋肉のたんぱく質を分解してエネルギー源にしてしまうので、
肉体に筋肉をつきやすくするためにも
体操前には適度に炭水化物をとりましょう。

炭水化物には
即エネルギーに使われるものと
そうでないものがあるので、
体操開始時間に合わせて工夫しましょう!

例えば…
白ご飯・バナナ・コーンフレークなどは、
すぐにエネルギーになりますが、
パスタ・チャーハン・芋料理などは、
消化に時間がかかります。

そして、体操の後は、
筋肉や肝臓のグリコーゲンが消費されて、
筋肉を作るエネルギーが無くなります。

傷ついた筋肉の修復や疲労回復のためにも、
体操終了後は、
なるべく早く食べる事をとるように心がけましょう。

食べる事内容は、
良質のたんぱく質とビタミン・ミネラルを中心に
バランスのとれた食べる事が必要です。

良質のたんぱく質の
魚・肉・卵・大豆製品・牛乳・乳製品は、
アミノ酸が豊富で筋肉を作る材料になります。

さらにビタミンB群は、
タンパク質を筋肉に変えるために必要な栄養素なので、
ほうれん草やニラなどの緑黄色野菜や
胡麻なども同時に摂りましょう。

ただし動物性の肉や乳製品は脂質が高いので、
くれぐれも摂り過ぎには要注意です!

体操で鍛えた筋肉をできるだけ活かすためにも、
食べる事でしっかり栄養を補給しましょう!



【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具

【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具

★メニュー

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係
【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具
【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき
【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました
【レーシックガイド】レーシックを受けることの出来ない目の状況
【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシック
【レーシックガイド】最も気になるレーシックの治療費用
【レーシックガイド】自分に見合ったレーシックの種類を把握
【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネからの卒業レーシックガイド