【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係

【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係


【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係
レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。
ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。




【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係ブログ:2017年12月03日

今日は大切な日なんです♪


24時間に必要な栄養を手軽に摂れるサプリメントは、
食事で不足した栄養素を補うために飲むものです。

サプリメントは
「薬」ではなく「栄養補助食品」です。
栄養素がたくさんつまった食品として考えると分かりやすいですね。

サプリメントを飲むタイミングは色々ありますが、
食事の前より後がおすすめです。

食事をすると消化器官が活発に活動するため、
食べ物と一緒に摂ることで消化吸収されやすくなります。

サプリメントは24時間分を1回で満たせるものや、
数回に分けてとるタイプのものなど様々ですが、
特に水溶性ビタミンの場合は、
24時間に2~3回に分けて取り入れるのをおすすめします。

水溶性ビタミンのB群やビタミンCは、
一度に大量に摂っても尿として流れてしまうため、
数回に分ける方が肉体にうまく取り入れることができますよ。

また、脂溶性ビタミンの中でも
ビタミンA・D・Kは摂りすぎると
過剰症になる危険性があるため、
24時間分の表示を確認して、適度の摂取を心がけましょう。

サプリメントを飲むときの飲み物は、
水かお湯がおすすめです。
水は栄養をいち早く小腸に運ぶことが出来ます。

逆にお茶やコーヒーは、
タンニンやカフェインの作用により
ミネラルの吸収を妨げることがあるので
避けたほうがよいでしょう。

サプリメントは
あくまで栄養を補うための補助食品です。

食事そのもののかわりにはならないので、
「食事を摂らなくてもサプリがあるから・・・」と
サプリメントだけに頼るのは避けたいところです。

まずは24時間3食バランスのとれた食事。
その食事の補助として、サプリメントを上手に利用しましょう!

・・・と、こんな事書いてみる
【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係

【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係

★メニュー

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係
【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具
【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき
【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました
【レーシックガイド】レーシックを受けることの出来ない目の状況
【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシック
【レーシックガイド】最も気になるレーシックの治療費用
【レーシックガイド】自分に見合ったレーシックの種類を把握
【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネからの卒業レーシックガイド