【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係


【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係ブログ:2016年04月09日


(*´Д`人)コン(人´Д`*)バン(*´Д`*)ゞh♪

減量をするためには筋肉をつける…
これはある意味鉄則といえます。

おれたちの体の中で、
筋肉が最も消費するエネルギーの量が多い箇所だからです。

しかし、筋肉をつけることに誤解をしている人がいるんですよね。

運動をしていたら、
体重が落ちていないという誤解です。

運動をすると脂肪が落ち、
筋肉がつきます。
そもそも筋肉は、脂肪と比べると重さがあります。

ですから、筋肉がつくことによって、
体重自体が変化しないというケースが生まれてきます。

でも、筋肉は確実に増え、脂肪は少なくなりますから、
結果的には体脂肪は減少しているのです。

ですから、しばらく続けていくと、
引き締まったいい体を作り出すことができるはずです。

また、運動不足の人がいきなり運動をすると
筋肉痛を引き起こすことがあります。
筋肉痛になると、体がだるくなるような感じがしませんか?

筋肉痛になると、体に大量の疲労物質が分泌されます。
疲労物質には、
水分の代謝を悪化させるという性質があることがわかっています。

このため、水分が排出されることなく、筋肉にたまっていきます。
一種のむくみのような症状が起きるのです。

水分が筋肉にたまると、どうしても全体的に重みが増します。
この重みが体のなんともいえないだるさを感じる元になるのです。

しかし運動する習慣をつけることによって、
疲労物質の分泌が少なくなり、
筋肉痛を起こすこともなくなっていきます。

ですから、筋肉痛で挫折をせずに、
もうひとふんばりすることが、
減量成功につながるんですよね。

・・・と、書いてみるテスト
インプラント 東京はここへ
http://implant.ws/clinic/map_nishitokyo.html
インプラント 東京ドットコム

プロゲステロンの案内
http://www.suplinx.com/shop/g/g476-30085/
プロゲステロン

美肌サプリメントへ
http://www.suplinx.com/shop/g/ghr-1300203/
美肌サプリメントならクリック


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる