【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係

レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。
ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。

 

 

医療レーザー脱毛ドットコム
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101
医療レーザー脱毛



【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係ブログ:2017年11月20日

脂肪のつき方をくだものの形にたとえて、
尻や太ももなど
下半身が太いタイプは「洋ナシ型」、
腹回りが太いタイプは「リンゴ型」と
呼ばれています。

自分がどちらのタイプかを把握すれば、
太りやすい原因や解消法がわかるので、
効果的に減量ができますよ。

まず「下半身太り」の洋ナシ型肥満は女性に多く
皮下脂肪がつきやすく、なかなか落ちないのが特徴です。

洋ナシ型肥満の方にピッタリな減量法は…

ご飯面では、
脂肪の多い肉、揚げ物、ショートケーキ、おやつなど
脂肪の多いものは控えめに!

メインのおかずは後回しにして、
野菜のおかずやご飯から食べると
脂肪の吸収を抑えることができますよ。

脂肪の代謝を助ける、
レバー、さば、納豆、モロヘイヤ、まいたけ、海苔など
ビタミンB2を多くとりましょう。

運動面では
サイクリング、スクワットなど下半身を使った筋トレがおすすめ。
半身浴やマッサージなどで、血行を促進しましょう。

次に「上半身太り」のリンゴ型肥満は
男性、更年期を過ぎた女性に多く
内臓脂肪がつきやすく、動脈硬化、糖尿病などの
生活習慣病を招く恐れがあります。

リンゴ型肥満の方にピッタリな減量法は…

ご飯面では
ご飯、パン、麺などの炭水化物、
甘いもの、日本酒は控えめに
くだものは適正量を守りましょう。

おかずを食べてからご飯を食べるようにして、
ご飯の量を減らすのがポイントです。

糖質の代謝を助ける
豚肉、ぶり、きな粉、枝豆、落花生、ひじきなど
ビタミンB1を多くとりましょう。

運動面では
ジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素運動が効果的。
内臓脂肪が燃焼し、腹回りがすっきりしますよ。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる